スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社民党とは賛成する法案では同じ行動をしたい」 首相会見(産経新聞)

【菅首相会見詳報】(5)

 ーー政調会を復活させるが、これまでの政策一元化との整合性は

 「政調会はもちろん野党時代の民主党にはありました。そしてネクスト・キャビネット(次の内閣)という中で政調会長が官房長官役をやっておりました。新たな政権ができる折にも、当初の構想では、私は国家戦略担当大臣をしながら、政調会長も兼任をするということが、直前までそういう方向性をだされておりましたが、直前に政調そのものを廃止すると。政策は内閣に一元化するということであるからと、若干の議論はあったのですが、そういう形がとられたわけです」

 「それから9カ月近くいろいろな活動をやってみて、やはり内閣が1つの責任をもつことは当然だけれども、党がまさにあって、そしてその党が国民の皆さんから多数の議席を得る中で、まさに首相指名をして内閣を構成するわけでありますから、党の議員の皆さんが政策にいろんな形で関与するという、その道をきちっと作ることが望ましい。そのことは、当初、私が鳩山政権ができる前に考えたように、政調会長を閣内の役職と兼ねるということも、もう一度検討してみてもいいのではないかと思っております」

 「いずれにしても、先程来、申し上げていますように、新しい党の機構、態勢をどうするか。全員が参加できるための1つの大きな役割として、政調の復活が必要であり、そのことは必ずしも一元化に反するのではなくて、ある意味で、一元化をする中での幅広い裾野を形成するもになる。このように考えております」

 ーー参院の国会運営が厳しい状況は変わっていない。社民党などに改めて政権運営への協力を求める考えは。また、鳩山由紀夫、小沢一郎両氏らとトロイカで引っ張ってきた。鳩山政権の失敗の責任は副総理だった菅氏にもあるのではないか。

 「まず社民党のことでありますけれども、実は、この間も、国対などを含めて、昨年の3党合意の中での政策について、もちろん普天間の問題については意見が合わないということで離脱されたわけですけども、それ以外の多くのところでは意見が一致してきているわけですので、それをどのような形で実現にこぎつけるのか。今日もあいさつに伺いましたら、特に派遣法の問題など、お互いに議論をし、苦労をし法案までこぎつけたものについて、ぜひ一緒に成立をさせようじゃないか、ということも福島(瑞穂)党首からもお話をいただきました」

 「そういった意味で、政策を中心にした協力関係、改めて党の態勢ができた中で、これまでの経緯も含めて、話し合っていきたい。そういう中では、広い意味での国会運営の協力ということもお願いするというか、少なくとも同じ法案については、同じような行動を、共に賛成する法案についての同じような行動をすることになりますので、そのこともお願いしていきたい。そのように考えております」

 「また、鳩山代表、小沢幹事長とのトロイカ体制についてでありますけれど、野党の時代にそういう表現がかなりあったことも、よく承知しておりますし、それぞれの役割分担でこの民主党を、ある意味、どなたかが代表であったりしましたけれど、1つの方向性を打ち出してきたことも事実だと思っております」

 「政権に入りましてからは、いわゆるトロイカ体制という表現はあまりなかったのではないかと思います。若干、正確は当然ながら違いました。あまり杓子(しやくし)定規なことは言いませんが、鳩山首相は党の代表でもありますけれど、逆に言えばだ、幹事長は党の幹事長で内閣のメンバーではない。私、副総理あるいは財務大臣は内閣のメンバーであるけれども、党の役職はまったくありません。ですから、なかなか共通の場で、共通のテーマの議論をする機会は比較的少なくて、ある時期から、内閣と民主党の首脳会議というものをなるべく定期的に開こうということで、努力をしましたが、必ずしもそこが党と内閣を敷衍(ふえん)したような方向性をタイムリーに出すというところまでは、その会も機能するというところまでいかなかったと思っております」

 「もちろん鳩山内閣が行き詰まったことについて、私も内閣を支える副総理として、あるいは閣僚としてですね、その責任があるということは自覚をいたしております。そういった中で、十分責任が果たせなかったことについては大変申し訳ないと思っております」

【関連記事】
中国と韓国、新首相に強い関心 「リップサービスは減る」
首相夫人を直撃「私は自分の自由を確保しながら…」
社民党、原田大二郎の推薦見送り
“親指”が倒閣勢力の怒りに火…首相退陣ウラ事情
辻氏に説明要請へ 検審質問 自公「政治介入許せぬ」

雇用助成金に特例措置=口蹄疫発生の農家限定―厚労省(時事通信)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
【50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ】(下)挑戦の数々ほとんど達成(産経新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
スポンサーサイト

<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)

 自民、公明、共産、みんなの野党4党は26日午前、25日の衆院で放送法改正案の与党修正案を強行採決した近藤昭一委員長(民主)に対する解任決議案を提出した。「法案の重要度に比して審議時間が明らかに不足。委員会運営は著しく中立性に欠ける」と判断した。郵政改革法案の審議入りを急ぐ与党は、27日の衆院本会議で決議案を否決したうえで放送法改正案を衆院通過させる方針だ。【木下訓明】

【関連ニュース】
小沢幹事長:郵政法案「全力で今国会中に成立期す」
普天間:「現行案戻らず」 鳩山首相が強調
普天間移設:「5月末決着」鳩山首相また強調
公務員法改正案:衆院を通過…野党5党、ようやく連携模索
自民党:自衛隊派遣で恒久法案提出へ

SL 「集煙装置」付きD51型 甲府-小淵沢駅間に登場(毎日新聞)
【from Editor】不可能を可能にする力(産経新聞)
<こち亀>曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
高齢男性ひき逃げ死?300m引きずられた跡(読売新聞)

水道事業の海外調査 都が政府に支援要請(産経新聞)

 水道事業の海外展開を目指す東京都の猪瀬直樹副知事は20日、内閣府の古川元久副大臣(国家戦略室長)を訪れ、今夏に予定している海外への調査派遣団に対する支援を要請した。

 古川副大臣は「日本の優れた技術を海外展開することは大事」と述べ、積極的な支援を約束した。政府は水道事業が新幹線や原発と並ぶ日本の強みだとして、6月に発表する新成長戦略に盛り込む考え。

 都は今夏、アジアを中心とする海外諸国のニーズ把握や都の水道技術のアピールのため、調査団を派遣する。

 猪瀬副知事は会談で、政府機関の連携強化や現地活動の支援、金融支援の拡充など、5項目からなる要望書を手渡した。

 猪瀬副知事は特に、水道事業を海外展開するうえで政府の所管が5つの省にまたがることを不安視。「内閣官房で窓口を一本化してほしい」と注文をつけた。さらに、「(水道事業の海外展開には)今の政権の本気度が問われている」と指摘した。

 古川副大臣は「期待していただいていい。今の日本は官とか民とかいっている場合じゃない。一体となって取り組む」と応じた。

【関連記事】
三菱商事・産業革新機構など豪社買収 官民連携で水ビジネス展開
東京の「水」売り込め! 国際市場参戦へ
海外の水道事業受注を支援 産業革新機構と都水道局がタッグ
水循環、100兆円市場開拓へ技術底上げ NEDO、北九州市に総合拠点
川崎市、豪自治体を支援 水道事業のノウハウ提供

子宮頸がんワクチン 小6女児に集団接種 全国初(産経新聞)
国の不作為責任認める=アスベスト健康被害で初―大阪・泉南地域の29人勝訴・地裁(時事通信)
鈴木俊一・元東京都知事死去(産経新聞)
<民主党>俳優・原田大二郎氏ら公認 参院選(毎日新聞)
医科の電子請求件数が8割超え―支払基金(医療介護CBニュース)

<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)

 農林水産省と宮崎県は5~7日、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いが強い豚と牛を、同県川南町とえびの市の計16軒の農家で新たに確認したと発表した。20~35例目となる。県はこれらの農家で飼育する計1万7120頭(豚1万6936頭、牛184頭)を殺処分する。

 16軒のうち15軒は川南町で、1例目の農家の南東3.5~7キロ。えびの市の1軒は同市で2カ所目で、1カ所目から北へ約1キロ。いずれも、それぞれの移動制限区域(半径10キロ)内だった。

 県によると、35例目までの処分頭数は計4万4892頭となる。

【関連ニュース】
口蹄疫:1例目ウイルスはアジア地域と近縁 農水省が確認
口蹄疫:宮崎で12例目 川南町で新たに確認
口蹄疫:11例目疑い 宮崎
口蹄疫:周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎

踏切横断で3万人影響 朝のJR大阪環状線(産経新聞)
70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)
<医師法違反>偽医者を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手(毎日新聞)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工 死体遺棄事件で捜査 (産経新聞)

【日本発 アイデアの文化史】インスタントラーメン(上)(産経新聞)

 □庶民の目線 天ぷらがヒント

 ■登場から半世紀…世界で年間936億食

 お湯を入れて数分で食べられるラーメンやそばなど、いわゆる即席麺(めん)の消費量は、世界で年間936億食。世界中の人が年に約14回ずつ食べている計算になる。これは2008年のデータで、数は年々増えているそうだ。

 世界的にもメジャーな食品になりつつある即席麺を発明したのは日清食品の創業者、安藤百福(ももふく)。今年で生誕100年を迎えた故人の名前を知っている人も知らない人も、同社の製品を一度くらいは食べているはず。「出前一丁」「カップヌードル」「どん兵衛」「UFO」…と聞けばきっと。

 いまやコンビニやスーパーの棚で、けっこうな面積を占めている即席麺の起源をたどると、1958(昭和33)年に発売された「チキンラーメン」に行き着く。じつは登場から、まだ半世紀しかたっていない。

 大阪・梅田のターミナルから急行で20分。上方落語の演目「池田の猪(しし)買い」の舞台である大阪府池田市。即席麺の歴史は、この町ではじまった。昔はイノシシ猟をするような田舎だったのだろうが、いまは郊外のベッドタウン。駅から歩いて数分。住宅街の一角に、日清食品の「インスタントラーメン発明記念館」が立っている。

 展示室に、安藤が世紀の発明を行った自宅の小屋が、模型で再現されていた。本格的な研究所みたいなものを想像していたから、ちょっと驚き。それっぽい器具といえば、手動式の小さな製麺機ぐらい。そのほかは調理台から鍋釜、はかり…ありきたりの台所でしかない。案内してくれた担当者がにっこり笑う。

 「安藤は『発明に立派な道具はいらない』と言っていたそうです」

 天ぷらがヒントになったというから、アイデアも庶民的。試行錯誤を繰り返して、お湯をかけるだけで食べられる即席麺を生み出した。

                   ◇

 即席麺が、どれほど画期的だったかを考えるために、まず歴史を知る必要がある。私たちが「ラーメン」と言われて思い浮かべるのは、小麦粉を原料にしたそばをスープに入れた食品。日本で食べられ始めたのは明治時代からだという。いまのように専門店などはなく、中華料理店の一メニューとして「汁そば」「支那(中華)そば」などと呼ばれていた。

 かつて安藤とともに国内外をめぐり、麺食文化を調査した伝承料理研究家の奥村彪夫(あやお)(72)は、こう言い切る。

 「そもそもラーメンは日本語です」

 ほんとですか?拉麺なんて漢字表記もあるし、てっきり中国伝来かと。

 「拉麺という中国語は、手延べ麺という程度の意味。ラーメンは札幌の中華料理屋が大正時代に使い始めた地域限定の言葉でした。戦後になって、全国的にラーメンという呼ばれ方が定着しますが、チキンラーメンの発売は、その大きなきっかけになった」

 スーパーマーケットの台頭、テレビの普及と時を同じくして登場した「チキンラーメン」はあっという間に、爆発的なヒット商品になる。後発メーカーも相次いだ。

 「チキンラーメンが出て、屋号がみんなラーメン屋に変わりましたね」

                   ◇

 安藤が発明したのは、簡単にいえば「瞬間油熱乾燥法」ということになる。

 蒸した麺に味付けをして、熱した油に沈めて揚げる。すると、水分が蒸発して麺には細かな気泡ができる。お湯をかけると、気泡に水分がしみこんで、ゆで麺にもどる。聞けば簡単。だけど、思いつくのは偉い。そしてもっと偉かったのは、アイデアを独占しなかったこと。安藤は「競争するほど、いい商品ができる」と語った。多くの会社が製法の使用許諾を得て、即席麺を製造した。

 奥村はいう。

 「安藤さんとはずいぶん長くつきあいましたけれど、もうけるためにというのではなくて、社会に貢献したいという思いの強い人でしたね」

 安藤が発明したのは、別の言い方をするなら「手間暇の節約法」でもある。即席麺のヒットは、高度経済成長とピタリと重なる。家事や労働についての人々の意識は大きく変化した。手軽で保存のきく加工食品は、社会のニーズに合っていた。インスタントコーヒーが国産化されたのもこのころ。簡便なインスタント食品は、一気に家庭に広まった。=敬称略(篠原知存)

鳩山首相「一生の戒め」 元秘書有罪判決(産経新聞)
「韓国側論文は低水準」 藤岡会長「新しい歴史教科書」批判に反論(産経新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出(産経新聞)
プロフィール

Author:いしがみとしいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。